肩の専門医に学ぶ

肩が痛む際の湿布は?

肩が痛む際の湿布は? 病院で肩こりの診察をうけると湿布薬を処方されることが多くなっています。そのため、自分でできる応急処置としても良く使われていますが、湿布には大きく分けるとクール(冷感)タイプとホット(温感)タイプがあります。症状に合わせておすすめされるタイプが変わるので使い分けましょう。
クールタイプは冷たさを感じるメントールが配合されており、患部を冷やしながら血管を収縮させて炎症や痛みを抑える効果があります。腫れ・熱を伴う打撲や捻挫などの急性疾患に適しているとされています。
対してホットタイプは温かさを感じるトウガラシ成分が配合されており、患部を温めて血行を促して炎症や痛みを抑える効果があります。慢性的な痛みを伴う肩こりや腰痛などの慢性疾患に適しているとされています。
炎症や鎮痛効果を強く期待するのなら、インドメタシン、ケトプロフェン、フェルビナクという成分が入っているものが効果的です。ただ、副作用が出る可能性もあるため、薬剤師に相談して購入するのがいいでしょう。

肩こり治療で根本から痛みを解消

肩こり治療で根本から痛みを解消 肩こり治療は、原因にアプローチして痛みや違和感を根本から解消させるものです。慢性的なだるさや鈍痛や頭痛や吐き気やめまいなどの症状を伴うつらい肩こりに悩まされているなら、早めに整骨院や整体院で診てもらうのがおすすめです。丁寧なカウンセリングや問診や適格な検査で原因を突き止め、リラクゼーションサロンなどで行われるマッサージとは異なる効率的なアプローチで治していきます。整体院や整骨院の施術は痛いという印象が抱かれがちですが、ボキボキと関節を鳴らしたり力任せに圧迫したりなどの施術ではなく、ソフトなタッチで痛みが無い施術が主流なので安心です。何をしてもダメだった頑固な肩こりが一度の施術であっという間に改善されて体が楽になったという人も多いです。その場しのぎのマッサージとは違い、痛みの原因を取り除くことが出来るというのが肩こり治療の最大の特徴であり利点でもあります。整体院や整骨院は病院よりも身近な存在ですので、気軽に受診してみましょう。