肩の専門医に学ぶ

子供の肩の痛み

子供の肩の痛み 子供でも大人と同様に肩に痛みを感じることがあります。
子どもの場合には痛みの場所を特定するのが難しいので、体のどこかがいたいといわれたら親が確認してあげるとよいでしょう。
原因として考えられるのが、通学時の荷物の多さやスマホやゲーム機器などを使用することにより姿勢が前傾すること、スポーツで肩を酷使することなどです。
特に、野球などをしているお子さんにその傾向が強く出ているのも特徴です。
症状が軽い場合には、肩に負担をかけないように気を付けたり、ストレッチ、マッサージなどを行って血行をよくさせることで改善されますが、症状が重い場合には専門医を受診することがおすすめです。
普通の病院ではわからないようなことも検査によって判明させることができる上に、適切な治療法の提案もしてくれます。
成長とともに筋肉が付き始めることで症状がおさまっていくこともありますが、もともとの体の構造の違いによって出てくる肩こりもあるので、そのまま放置することなく専門医におまかせしましょう。

肩こりにお悩みなら早めの専門医に相談をおすすめします

肩こりにお悩みなら早めの専門医に相談をおすすめします 肩こりにお悩みの方、本当に多く聞きます。
そのお悩みはいつからですか?仕事やスポーツの後に肩が上がらなくなったり痛くなった方や、産後の育児中で凝り固まって痛みが辛い、若い時からずっとなど理由は様々です。
どうせよくならないからと我慢してそのまま放置したり、市販の湿布薬や塗り薬や内服液で済ませている方が大半ではないでしょうか。
また、ご家族にマッサージしてもらったり、肩こりに効く入浴剤をお風呂にいれてみたり、一時的な癒しや改善があっても、完治には程遠いところです。
産後の育児で肩こりになってしまった方も多いと思います。
お子様の抱っこやおんぶをしての育児や洗濯などの家事。
疲労は蓄積していく一方でイライラも募ってしまいます。
精神的にも肉体的にもお辛いのではないでしょうか。
どうか我慢せずに一度お近くの専門医に相談してみて下さい。
患者様に合った治療法をお探しし、説明させていただいたうえで診療をさせていただきます。
一日も早く改善に向かい笑顔になれますよう、早めの治療をおすすめいたします。