肩の専門医に学ぶ

ストレッチ法を聞いてみよう

ストレッチ法を聞いてみよう 長時間によるデスクワークや、日頃の家事が原因で肩に痛みを抱えているという方は少なくないのではないでしょうか。肩こりを抱える日本人はとても多く、今では小学生の4人に1人がこりを抱えているという研究もあるほどです。外国人は肩こりにならないとも言われますが、日本人は人口の8割ものひとが悩まされている国民病とも言えるものです。あまりの痛みに日常生活もままならない方も中にはいます。
肩こりに効果的なのは、マッサージやシップなど色々な方法がありますがおすすめなのがストレッチです。
ストレッチのいいところは、気になった時にいつでも気軽に道具なしで行うことができるという点です。可動域を広げるようにゆっくりと無理なく行うことが大切です。
しかし注意しなければならないのが、無理に行って帰って痛めてしまう可能性もあるということです。また、痛みの原因によっては動かさない方がいい場合もありますので、かならず専門医に相談して行うように注意しましょう。

専門医が指導するストレッチで肩の痛みを解消

専門医が指導するストレッチで肩の痛みを解消 肩が痛いと何をするにしても苦痛に感じて、日常生活がままならないという人も少なくありません。あまりに症状が強い場合は、専門医を受診して適切な治療を受けましょう。どのような原因で痛みが出ているのかを医師が診断して、適切な治療を提案してくれます。また、クリニックによっては再び、肩が痛くならないようストレッチの指導も行っているようです。

痛みが生じる原因の1つに、筋肉の緊張やそれに伴うこりが挙げられます。筋肉がこりやすい生活を解消しないと、治療で痛みが吹いたとしてもまた症状を感じるようになるかもしれません。ですので、できるだけ予防をするためにも専門医から、指導を受けておいたほうが良いと言えます。

クリニックによって方法は異なりますが、ほとんどの場合、無理の無いストレッチを教えてくれるようです。年齢を重ねた人でも、無理なく続けることができます。医師の指導に従って正しくケアをすれば、肩こりの解消。・予防に繋がるでしょう。