肩の専門医に学ぶ

五十肩は専門医を受診して、ストレッチなどでリハビリを行います

五十肩は専門医を受診して、ストレッチなどでリハビリを行います 中高年になると肩に突然痛みを感じることがあり、年齢的に五十肩と自己判断して放置してしまうことがあります。
五十肩になる原因ははっきりとわかっていないものですが、放置せずに専門医に診察してもらうことが大切です。
年齢によるものでしょうがないなどと諦めることもありますが、筋肉疲労や血行不良などとは別物なので早めに医療機関を受診し、診断されたら、放置せずにストレッチなど適切な処置を行います。
適切な処置を怠ると関節が固まり動きが制限されたり、回復しづらくなるためケアやリハビリは必要な事です。
急に痛みが発生して、着替えなど日常生活の動作に支障が出てきたら、早めに専門医を受診し、発祥して痛みがピークの場合には安静にし、痛みが和らいだらリハビリを開始します。
痛みがある腕を垂らして揺らす振り子運動や輪ゴム運動などを行って、痛みがほぼ消えたら肩周りのストレッチを行います。
ストレッチは、手を上げるポーズで手の平を壁につけたり、肘で反対側の腕を支えて伸ばすなど動かします。
痛みが消えてもリハビリを続けることが完治を早めるポイントになります。
五十肩の場合、自然に治るとは言っても1年前後はかかります。
気が付くと治っていたという場合もあり、放置する事が多いですが、腱板断裂など似ている症状もあり、この場合は自然治癒は難しく手術が必要になることもあるので早めに専門医を受診すると良いです。

肩の痛みの治療に専門医オススメのストレッチを取り入れました

肩の痛みの治療に専門医オススメのストレッチを取り入れました 慢性的な肩こりからくる、肩の痛みに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
国民のなんと8割もが肩こりを抱えていると言われる日本で悩みを抱えている人も多いです。
多くの人が、マッサージをしたり運動をしたりして改善をしようとしていますがあまりにも痛みが強い場合には、専門医による治療が必要になるかもしれません。
整形外科などで治療をうけると、シップなどを処方される場合があり、場合によっては、痛みを緩和する注射を打ってもらう場合もあります。
自分でこりを緩和しようと思った場合には、ストレッチを取り入れる方法もあります。
肩や腕の可動域を広げることで、筋肉をうごかしてこりを解すことが可能です。
しかしながら、痛みがあまりに強い場合は無理にストレッチや体操をすることで、かえって痛みを増幅させてしまう可能性もあるでしょう。
痛みを取ろうとして、無理に肩を動かしたり筋を伸ばして関節などの炎症を酷くしてしまうこともあるかもしれません。
ですので、治療に取り入れたい場合は、一度専門医に相談することが大切です。
痛みの部分や原因によって、適切なストレッチを提案してくれます。
効率的な運動をすることで、痛みのない生活をおくってみてはいかがでしょうか。

肩に関する情報リンク

肩 専門医